about

サイトにお越しくださいましてありがとうございます。
コロナの1日も早い終息を念じて、みなさまもどうかご自愛ください。

=エクアドル産のチョコレートの通販サイトです=
~紀元前3500~5000年前の最古のカカオ遺跡が発掘されたカカオの国エクアドル~

エクアドルには固有種の「カカオアリーバ」をはじめ、香り豊かなフレーバーカカオが数多く存在しています。
アリーバ種はナシオナル種とも呼ばれ、世界のカカオ生産量の2%くらいしかない、大変希少な品種です。どっしりとした力強いベースは、苦みと酸味が少なく食べやすいので、他のアイテムと合いやすく、鼻から抜ける香りは、フローラルが代表的ではありますが、産地によって違います。
そして後味はすっきりとしてさやかです。
一度は絶滅の危機にもさらされましたが、エクアドルにしかないこの固有種を守り抜こうと、農家さんたちが大事に育てています。
その中でもフェア・ダイレクトトレードを行っているブランドを扱っています。
JAS有機認証はありませんが、有機的に作られたカカオです。

また、エクアドルは日本との親和性が高い国の一つです。富士山に似た山コトパクシ山、温泉、蒙古斑、生物多様性の国、縄文式土器に似たバルビディアの土器、日本から地球の反対に位置するエクアドルを、カカオを通して感じてください。

カカオは薬として使われていました。
日本チョコレート・ココア協会HPにはカカオの効果効能は以下のように書かれています。
1.虫歯予防
2.抗酸化作用
3.抗うつ作用
4.がん抑制
5.集中力アップ
6.血圧降下
7.食欲抑制
8.ピロリ菌の抑制
9.O-157の抑制
10.抗ストレス
11.リウマチ予防
12.アレルギー予防
13.痴呆予防
14.動脈硬化予防
15.性欲促進
16.整腸作用
17.ホルモン作用
18.傷の治りが早い

カカオの歴史をたどると、古代アステカ人はエネルギーとスタミナを得るための強壮剤としてカカオ豆を使っていました。
セロトニン、エンドルフィンとフェニルエチルアミンに影響を及ぼすので、カカオには幸福感をもたらす効果もあります。
これらのホルモンは体がロマンスに応じて放出するものと同じです。
セロトニンは抗うつホルモンとして、精神を安定させて感情を落ち着かせます。
エンドルフィンは、私たちをより情熱的でパワフルに感じさせてくれます。
チョコレート好きが多いのも不思議ではありません

~ブランド紹介~
◆ノエルベルデ
【ブランド理念】
「佳きものをはこぶ」
『買い手』『売り手』『社会』『自然』『生物』『未来』が優しさでつながることを目指す。
SGDsやレイズトレードの考え方に則り、農業の世界に寄り添いながら、自然と共に継続可能な経済活動をしたい。その想いを実現するには、いわゆる我々が見えている事やものだけでは出来ないとの思いに辿り着きました。

地球規模での農業生産を意識した時、我々人間だけで生きているのではなく、
木々や土壌、海などの「自然」、微生物や動物たちの「生物」など、有機物・無機物含めた動的・静的なもののすべて、さらには時間軸としての「未来」を視野に入れ、これからの子孫たちに繋げて行くことも考え、農産物を生産する。
「買い手」+「売り手」+「(経済)社会」+「自然」+「生物」+「未来」。
こららの全体性としてのバランスと、その関係性を再構築する。
これこそがノエルベルデが目指すカカオ製品の製造の道なのだと、弊社が全体的な動きに参画出来るこの一つだと辿り着きました。
SDGsの文法に沿い、レイズトレードやサーキュラーエコノミーという実質的な方法を通じて、全体性の再構築を実現できたその時、ばらばらになりかけた、過去の世界で元々一つであったものが、また一つに繋がり直すのだと思います。
今はまだ、極小の一滴ではありますが、いつか大きな流れに繋がり、私たちが住まうこの地上で農業生産、加工品の製造販売を通じて、もともとあった繋がりを、再活性する一助になりたいと願っています。

【作り手】
エクアドル在住の日本人高橋力榮は、カカオの起源と言われる南米エクアドルのフレーバーカカオの素晴らしさを、もっと多くの方に手に取って頂きたい。そしてそこに繋がるモノ、人、環境がより豊かになって行くような持続可能な未来を願い、Noel Verde(ノエルベルデ)を2018年に立ち上げました。
Noel Verdeはスペイン語でグリーンサンタクロースを意味し、ロゴキャラクターは恰幅の良い農家とサンタクロースを融合した姿を表現。「自然を守り、その豊かな恵みである佳きものを運ぶこと」を担っています。
目指すのは、SDGsの文法に則った、レイズプロダクトとしての「人生を変えるチョコレート」をあまねく人にお届けすること。
エクスプローラー、有機農業技術者、チョコレートブランドファウンダー

栃木県生まれ。大学卒業後、                  
1999年より2年間に渡りイスラエル、スペイン、イギリス等の海外を遊学。     
その出会いの中で有機農業の世界に入ることを決意。帰国後に就農。酪農業を経営する傍ら、有機農業を実践。
2008年、大規模農場の経営を学ぶ為、南米エクアドルに家族と移住。自然循環型農法でバナナ生産をする田辺農園に、害虫防除及び肥培管理責任者として就任。有機農業を化学的に分析、マニュアル化やデータ化に従事し、増産に寄与。
2016年、田辺農園退社。エクアドル固有種のカカオに惚れ込み、カカオ農場や輸出業者先での研修を始める。  
2017年にTAKAHASHI trading and investigationsを設立。カカオ加工品を日本に輸出する事業を開始。各地の生産者を回り現状を見るうち、「農家が豊かになるためにはダイレクトトレードをし、その最終商品となるチョコレートまで製造しなければならない」ことに
思い当たる。
2018年にチョコレートブランド、ノエルベルデを立ち上げる。           
2019年、サロン・デュ・ショコラにてカカオの講師として講壇に立つ。      
2020年、サロン・デュ・ショコラに初登場、バレンタイン催事では阪急うめだ、銀座松屋、東武池袋店にて販売。
https://www.noelverde.com/

◆アンチドート(Antidote)
【作り手】
オーストリア生まれのデザイナー Red Thalhammer は、数々の食品や飲料のパッケージデザインとブランディングの専門家として活躍しました。数々のプロダクトを作成してきた彼女の中には、現代の消費の 仕組みに対して強く疑問視しています。その想いは Antidoteにも強く反映され、例えば輸送する際に一 般的に大量に使われるプラ包装紙は不使用であったり、エクアドルの農家と直接契約をして彼らに正当な支払いができるような仕組みを作っています。今年アンチドートは印刷に使われているインクを減らす取り組みをしています。新パッケージより変わります。

【チョコレート誕生秘話】
様々なデザインをこなしてきたRedは、ある日仕事で疲れきってしまった時、《Antidote for Humanity (自分に打ち勝つための解毒剤)》とは何 かを自分に問いかけるようになります。翌日、目覚めた彼女の頭に浮かんだのが「チョコレートは解毒 剤だろうか」という言葉でした。その日から、自宅 のキッチンでの研究が始まります。
世界中から原材料を集め、温度や品種など試行錯誤 し、さらに世界150以上のチョコレートの味を比較してついに、自分の求める味であるエクアドルの固有種アリーバ種にたどり着きます。また、味が美味しいだけではなく、身体も喜ぶような栄養価のあるカカオを選ぶことで、「チョコレートを食べる喜びを通して健康に」というコンセプトを確立していきます。2010年に活動の拠点としているNYでAntidote chocolateの販売を開始しました。
日本では2012年に初輸入、サロン・デュ・ショコラに初登場、バレンタイン催事では阪急うめだ、銀座松屋、東武池袋店にて販売しています。

【コンセプト】
≪日常からの脱力≫
日々の生活の中で無意識に感じている ストレスや疲れから、力を抜き、憩う。 Antidoteとは英語で解毒剤を意味し、疲れから解放することを表現しています。
大切な自分(相手)だからこそ、 好みをちゃんと考えた贈り物にしたい。
自分(相手)のパワーになるものを贈りたい。
ブランド品を買う安心感よりも、人とはちょっと違うものをあげてみたい。
そんなひと想いで、挑戦心のある あなたのためのチョコレートです。

※パッケージは予告なく変更されます。

◆オハベルデ(Hoje verde)
オハは葉っぱ、ベルデは緑という意味のエクアドルの会社が作ったチョコレートです。
エスメラルダス地方の396の組合からオーナーが自ら買い付けをしているフェアトレードチョコレート。アリーバカカオを使ったチョコレートは苦み酸味が少なく、70%以上でも、とても食べやすいと評判です。


◆ビオルコム
ピーターバックマンが手掛けるエクアドルのブランドで、スーパーフードを使ったユニークな商品を開発しています。チョコレートの他に、カカオ作られた酢などを展開している。スイス人のピーターは、エクアドルの気候を利用したオフィスを自分で作るなど、自然や環境に配慮した生き方をしています。

◆パロサント
広大なカカオ農園を家族で経営しています。カカオが伸び伸びと育つように、植え方、土の作り方などを研究しながらカカオを育てています。農園の中に、HACCPを取得した工場があり、収穫されたカカオはすぐに工場で加工されています。
農園では以下の取り組みを行っています。
・いいカカオを育てるための土づくり。
・農園で働く人の作業負荷を抑えるための環境整備